YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

第27回 【ジャーナルスタンダード後編】セレクトショップリサーチ③-2

目次

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

 

f:id:y-devotion:20201015195915p:plain

出典:ベイクルーズ公式HP

前回はジャーナルスタンダードのリサーチ前編でした、今回は続きです!

 

ymfresearch.info

 

 

f:id:y-devotion:20201016201847j:plain

出典:https://item.rakuten.co.jp/js-furniture/ms-15000418/

(このクッションが欲しいです・・・ おしゃれ!)

おすすめのセレオリ

 

 


 

ジャーナルスタンダードの「ワンダーシェイプ」シリーズです。

例えばUNIQLOもストレッチパンツのラインナップがありますが、UNIQLOは2ウェイストレッチ。つまり2方向へ伸びるという訳です。

 

しかし、このワンダーシェイプは4ウェイ!縦横4方向に滅茶苦茶伸びます。

この履き心地(とコスパの良さ)に惚れこんで、3本を購入しました。

ノータックタイプは本当に美脚効果が素晴らしくストレスフリー。

タックのあるタイプはワイド気味のシルエットでテーパードが極端に出ています。

 

ベージュのパンツは一歩間違えると野暮ったくなってしまうアイテムの代表格と言っても良いと思いますが、このパンツは綺麗なシルエットでベージュ色でもそんな感じをほとんど醸し出しません。お気に入りです。

 

 


 


 

この「ラスカ」のファブリックを使用したシリーズも必見。

実際に店舗で試着しましたが、軽くて肌触りがよく上品な光沢。

勿論化繊混紡の素材ですが、安っぽさはありません。

傑作だと思います。セールにもなっているので相当なお買い得かと思います。

 

 


 

お次は「ダントツ撥水」シリーズ。

最近アパレル界隈ではお馴染みのテキスタイルメーカー「小松マテーレ」が開発した滅茶苦茶はっ水機能の高いファブリックを使用したシリーズ。

 

ナノユニバースの「アンチソーキッド(汗染みを滅茶苦茶防止する)」シリーズのように話題沸騰中のようです。

こちらもセール中。お早めに!

 

別ライン・ホームステッド

ジャーナルスタンダードにはJSホームステッドという別ラインがあります。

ホームステッドとはアメリカの伝統的な円形の居住区画のこと。アメリカの地方のカジュアルをイメージしているのでしょう。ちなみに「ホームステッド法」とはアメリカの自営農地法のこと。エイブラハム・リンカーンが発布した有名な法律です。

 

JSホームステッドは名称からもわかるように、ジャーナルスタンダードの中でもアメカジ寄りなラインナップの多いラインです。しかし決して野暮ったくはなく、ジャーナルスタンダード流にブラッシュアップしてあって、なかなか魅力的なラインと言えるでしょう。価格はインラインよりも若干高め。

 

f:id:y-devotion:20201016183041j:plain

私はJSホームステッドのシャツを愛用しています。

だいぶん味の出てきたフランネルシャツ。

JSホームステッドを着ると、アメリカのデイリーウェアテイストは本当に落ち着くなあと改めて思ってしまいます。結局アメカジが好きなのです。

 

このフランネルシャツは肌触りが最高に気持ちよく、形もきれい。

レイヤードが難しいですが。

 

f:id:y-devotion:20201016183439j:plain

一枚で着る分にはなかなかにいい雰囲気が出ます。

 

シャツ JSホームステッド

パンツ ジャーナルスタンダード

シューズ コンバース・オールスター100

腕時計 セイコー・プロスペックス

 

パンツは上述したワンダーシェイプのタックパンツです。

 

もしかしたらホームステッドがジャーナルスタンダードの真骨頂なのかもしれないというほど出来の良いアイテムが多いんですよ。

 

 

そして、他にもジャーナルスタンダードトライセクトというラインもあります。


baycrews.jp

トライセクトはカテゴリーの交差というか、ミックスコーディネートを提案しているようですね。

 

セレオリも色々な工夫が見えます。

 

更に、ジャーナルスタンダードは「セーブカーキユナイテッド」というブランドを販売しています。恐らく他ではあまり購入できないのではないでしょうか。

このセーブカーキユナイテッド、実に格好いいブランドです。

そのうち記事にしたいと思っています。

baycrews.jp

 

因みに、ジャーナルスタンダードのセカンドライン「レリューム」についてはまた別の機会に記事にしたいと思っています。

 

所有物について

結構ジャーナルスタンダードのものは持っているのですが、今回はこれをご紹介します。

 

f:id:y-devotion:20201016191650j:plain

トラディショナルウェザーウェア「シェフィールド・ソリッド」

 

このシェフィールド、割と巷でもおなじみの「ダービー」というモデルをもとに、ジャーナルスタンダードが型から別注した逸品なのです。

 

もう販売されていません。

 

f:id:y-devotion:20201016192151j:plain

英マッキントッシュの別ラインであるトラディショナルウェザーウェア。

このブランドの取り扱いで真っ先に思い浮かぶセレクトショップは実はビームスなのですが。毎年別注をかけています。

 

シェフィールドは型から別注をかけているという点がとても稀有なアイテムです。

ダービーフードの丈を短く取り直しています。これによって、よりカジュアル、フォーマルのどちらにも使いやすい雰囲気となっているのです。

 

f:id:y-devotion:20201016192522j:plain

「ウェザーウェア」というくらいで、雨にも強い上高級感のある素材を使用してあります。光沢も気に入っています。

 

f:id:y-devotion:20201016192658j:plain

こんな感じでコーディネート。

f:id:y-devotion:20201016192626j:plain

コート トラディショナルウェザーウェア×ジャーナルスタンダード

ベスト マニュアルアルファベット

カットソー ステュディオス

パンツ ジャーナルスタンダード

シューズ ニューバランス1500

 

私の秋冬の定番着の一つです(冬もインナーダウンなどを挟めばギリギリ行けます)。

 

勿論元ネタのダービーも格好いいですよ。

 

私的評

※これはあくまで私の主観に過ぎません。悪しからず。

 

ジャーナルスタンダードは、大人っぽいシックな装いをしたい人には向いていないショップです。そんなものはあまり置いてありません。系列のエディフィスや、若しくはシップス、グリーンレーベルリラクシングなどに行きましょう。

では、学生さん等の若者が行くべきショップなのか?

そうとも限りません。

 

大人がやんちゃしたい、遊んでみたいときに行くべきところです。

若しくは、ちょっと変わったものがないかなと覗いてみたい、他人と被らないセレクトものが欲しい!

そんな時にはうってつけです。

 

やんちゃな雰囲気があっても、決してダサくならないのは、根底にベーシックがあるからだと思います。

「例外」とは「基本」がないと成り立たないのです。

基本がなく例外に取り掛かってしまうと間違いなく元も子もない結果となってしまうのです。これは古今東西なんにでも当てはまります。

 

ジャーナルスタンダードは、「基本がしっかりとしている例外」を司るセレクトショップなのです。

正に、ベイクルーズの切り込み隊長!

 

 



にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

follow us in feedly