YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

ユニクロ「ユニフォームブルー」に注目!この春夏活躍間違いなしのカプセルコレクション!

 

 

ユニクロ、トレンドのインディゴカラーをフィーチャー

f:id:y-devotion:20220222084155j:plain

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

ユニクロが2022春夏で推しているのはトレンドの「インディゴカラー」

過去記事でも少しだけ触れましたが、「ユニフォームブルー」と題した特設ページまで公式オンラインストアにアップされています。

 

デニムワークジャケット

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

インディゴカラーの持つ独特な雰囲気はまさに今の気分。「ジェンダーレス」「リラックス感」等といった昨今注視するべきキーワードとのマッチング具合もまさしくドンピシャですね。

+J(プラスジェイ)やユニクロU(ユー)、ユニクロ&JWアンダーソン等の特別ライン以外の所謂インラインで特設ページを作り大々的に打ち出すコレクションは余り今までなかったことです。

 

ユニクロ2022春夏「ユニフォームブルー」とは

インディゴスウェットシャツ

 

 

Uniform Blueとは

インディゴカラーの持つ、表情豊かな色彩のトーン。

そこから広がるシンプルな美しさに、ユニクロはあらためて着目します。

深みのある藍色や、洗いから生まれる、時を重ねたようなライトブルー。そして青を引き立てる柔らかなエクリュ。

そのグラデーションと出会うのは、オーセンティックなルーツが漂う、今の暮らしに寄り添ったワークのスタイル。

着る人を選ばないクリーンなディテールと、よりジェンダーレスな、リラックスしたシルエット。

今日を生きる私たちにとっての快適なユニフォームとはどうあるべきか。

現代のニュークラシックを提案する、新しいカプセルコレクションです。

 

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

引用文のように、「インディゴカラー」をキーワードにアウター、トップス、パンツなど全身コーディネートを可能にしたカプセルコレクション。一口にインディゴといっても深みのあるブルーからライトブルー、そしてそれらを引き立てるためのエクリュまでラインナップされています。

画像の雰囲気からは待ち遠しい春のイメージが湧いてきて、新しい季節への期待感が高まりますね。

後述しますが、特別コレクションではないので価格帯がインラインクラスというのも嬉しいところ。非常に気軽に今期っぽいカラーリング、素材感を愉しむことが出来そうです。

 

ユニクロ実店舗にてチェック

 

というわけで、実店舗にチェックに行ってきました。

 

f:id:y-devotion:20220221213727j:plain

+J(プラスジェイ)やユニクロU(ユー)さながらの推し出しの強さを感じる特設っぷりでした。

ラインナップアイテムは後述しますが、私がそのなかで最も気になったのは・・・

 

f:id:y-devotion:20220221213738j:plain

こちらのインディゴカーディガン。

何故かというと、デニムジャケットやパンツ、シャツ等はよくあるアイテムだと思うのですが、インディゴのカーディガンは少し珍しくて新鮮に思えたからです。

 

インディゴカーディガン

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

裏起毛のスウェット素材にインディゴ加工が為されているアイテム。モデルさんが着用しているのを見ると、結構いい雰囲気ですよね。こなれていますね。

 

インディゴカーディガンを試着

試着室で試着してみました。

 

f:id:y-devotion:20220221213756j:plain

173㎝65㎏の私がXLサイズを試着。

この日は極寒だったので中にはユニクロのカシミヤセーターを着用しているという状態になったのですが、それでもかなりゆったりとした着心地でした。

ステッチ付近は加工感が出ていて、同色のボタンも悪くなく、なかなか良い雰囲気だと思いました。裏起毛で着心地も良いしシルエットもこなれています。

 

f:id:y-devotion:20220221213747j:plain

サイド部にポケットがありジャケット感覚で着用できます。

ネック部が浅く、角度が丁度良いところもポイントです。ここが深いよりも浅めの方が綺麗に見えますね。

インラインのアイテムとは思えないクオリティだと思いました。これで3,990円はお得。十分春の主役級の働きが期待できそうです。

 

因みに今回購入は見送りました。

理由は色々あるのですが、決して気に入らなかったなどではありません。

ちょっと所有物の量が最近増えすぎており(笑)若干買い控えしないといけないという意識が高まっているのが一番大きな理由です。そうでなければ購入していたでしょう。

ユニクロさん、試着だけしてすみませんでした。いつもだいぶん売り上げには貢献しているのでお許しを(笑)。

 

ユニフォームブルーのその他ラインナップ

それではその他の「ユニフォームブルー」のおすすめアイテムをご紹介していきます。

①デニムジャケット 3,990円

出典:デニムジャケット (男女兼用) | ユニクロ (uniqlo.com)

 

アウターで目につくのは男女兼用アイテムのデニムジャケット。デニムトレンドの中でユニクロに限らず最近本当に良く見かけます。

ステッチやボタンを同色にしてあり、腰ポケットが付き、更にストレッチ性をプラスしてあります。もしもデニムジャケットを所有していないという方には非常におすすめなアイテム。ドロップショルダーでリラックスシルエットになっており着こなしやすいでしょう。勿論男女ともにおすすめ。価格も財布に優しい設定かと思います。

 

②インディゴスウェットシャツ 3,990円

出典:インディゴスウェットシャツ(長袖) (男女兼用) | ユニクロ (uniqlo.com)

 

インディゴスウェットシャツもなかなか良い雰囲気のアイテム。先述したカーディガンと同素材を使用したスウェットシャツバージョンです。

ふんわりと柔らかい素材感ですが、インディゴ加工が効いており安っぽさもありません。

ジェンダーレスに着用できる設計でリラックス感もトレンドライクなグッドアイテムだと思います。春に一枚で着て出かけたいですね。イメージ画像のように中にシャツを入れても良い感じです。

 

③インディゴクルーネックTシャツ 1,990円

出典:インディゴ クルーネックTシャツ(半袖) (MEN) | ユニクロ (uniqlo.com)

 

この夏にヘビーに使いたくなるインディゴクルーネックTシャツ。思い切りカジュアルに振ったアイテムですが、逆に綺麗目なパンツと合わせたりするとバランスが取れて良さそうです。

裏起毛で着心地も良く、スウェットシャツと同じく加工の雰囲気もグッドです。

勿論ユニセックスに使用可能。女性が着用してもかわいいですね。

 

④デニムシャツ(ボタンダウンカラー・長袖) 2,990円

出典:デニムシャツ(ボタンダウンカラー・長袖) (MEN) | ユニクロ (uniqlo.com)

 

デニムシャツはユニクロのインラインで元々ラインナップされていたアイテムかと思いますが、今期の「ユニフォームブルー」に合わせてかなりクオリティが上がったのではないかと思います。

実際に店舗で確認しましたが、風合い、質感、シルエット等あらゆる面で「今までの物とは違う」という感触を受けました。一瞬特別コレクションのアイテムだと思ったほどでした。

シャツ類が足りない状況だったら数枚まとめ買いしているところだったと思います。

数年前にインラインのデニムシャツを購入したことがありますが満足できず全然着なかったという事があったのですが、全く別物です。

是非店頭で手に取ってみて頂きたい逸品。これだけ質感が上がっているのに価格は据え置きという点ももはや理解不能レベル。

 

⑤デニムワークパンツ 2,990円

デニムワークパンツ

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

パンツも様々ラインナップがあるのですが、このデニムワークパンツの出来は特に秀逸。

 

出典:デニムワークパンツ (MEN) | ユニクロ (uniqlo.com)

 

「ユニクロのインラインはパンツの出来が今一つ」と言った悪評を吹き飛ばすかのような傑作の誕生です。

トレンドライクなリラックスシルエットに風合いの良いデニム生地(デニム生地に関しては従来から高品質でした)、従来からのワークディテールを存分に取り入れたデザイン。

「この春にデニムを一本仕入れたい。しかし本格的なヴィンテージなどには腰が引ける」などと考えている方には非常におすすめです。

生地感も柔らかく履きやすいけれども決してチープさは感じられません。

 

まとめ

デニムオーバーサイズスタンドカラーシャツ

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

今回はユニクロインラインのカプセルコレクション「ユニフォームブルー」について述べて参りました。

総て言うなれば、結構面白く新鮮なコレクションになっているかと思います。

インディゴというカラーリング、若しくは加工は本当に今っぽく、気分ですよね。この季節のリリースというのも、春を待ち遠しく思うその気持ちに刺さるような気がします。

 

f:id:y-devotion:20220222083000j:plain

自分の持っているインディゴカラーのものを集めてみました。

振り返ってみると、数年前から自分の中でもブルーカラーはマイブームと言えるかもしれません。気分というか。こんなに持っていました(笑)

 

f:id:y-devotion:20220221213827j:plain

デニムパンツはあまり履かない私ですが、ジャケットやシャツはデニム生地やインディゴカラーが非常に好みです。

意外に合わせやすく、気取らない、きめ過ぎない格好良さが出しやすいアイテムなのではないでしょうか。適度なリラックス感も醸されます。だから好き。

 

デニムオーバーサイズスタンドカラーシャツ

出典:ユニクロ|Uniform Blue コレクション特集|公式オンラインストア(通販サイト) (uniqlo.com)

 

是非ユニクロで、自分のスタイルに合うインディゴアイテムを探してみられたら如何でしょう。この春夏に活躍間違いなしです!

 

 

おまけ(今日のネコ)

 

f:id:y-devotion:20220222175337j:plain

 

f:id:y-devotion:20220219132456j:plain

【問題】何をしているところでしょう?

 

f:id:y-devotion:20220222083014j:plain

【答え】 ピンポン玉を目で追っているところでした

分かるわけなし(笑)

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければバナークリックをお願いいたします、励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

是非ブックマークやコメントで皆さんのご感想などお聞かせください!

 

 

follow us in feedly