YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

nano・universe(ナノ・ユニバース)、リブランディングするんだってよ!

目次

 

ナノ・ユニバースは〇〇

ソース画像を表示

出典:ナノ・ユニバースのプレスリリース

 

日本有数の大手セレクトショップ、ナノ・ユニバース

どんなイメージをお持ちですか?

私は、自分が若い頃(2000年代くらい)

⇒大人に相応しい、いいものが手に入る好感度ショップ。もちろん若い世代にとっても格好いいアイテムの提案がある。

最近(2010年代~)

⇒(失礼を承知で述べますが)プチプラの延長線上にある特徴の少ないショップ。他のセレクトショップとの「違い」も分かりにくい。

といった印象です。

もっと正直に言うと、「ここ20年くらい、ナノ・ユニバースは割と迷走していたのでは?」等という感想も持っていました。

昔は尖っていて、アディクト層も足繫く通うショップだったのが、顧客層を拡げたいという思いが強すぎたのか、プチプラブランドが展開するようなラインナップに限りなく近づいたような気もしました。それなりにラグジュアリーなセレクトアイテムも置いてあるはありますが。

「西川シリーズ」や「アンチソーキッドシリーズ」等食指が動くアイテムも勿論なくもなかったのですが、基本的にはチェックする頻度が減ってきていたのは事実です。

 

ナノ・ユニバースがリブランディングを敢行

f:id:y-devotion:20220317155454j:plain

出典:ナノ・ユニバース公式通販サイト | nano・universe (nanouniverse.jp)

 

そんなナノ・ユニバースですが、2022年3月にリブランディングを開始するとのニュースが飛び込んできました。

 

ソース画像を表示

出典:【賽振り続けた30年 ダイスアンドダイス㊦】愛を真芯に関わる人と一歩ずつ | 繊研新聞

 

仕掛け人は2012年5月にクリエイティブ・ディレクターに就任した中田浩史氏。

説明不要の日本が誇るトップデザイナーズブランド「イッセイ・ミヤケ」で経験を積み、ナノ・ユニバースが属するTSIホールディングスの同じく傘下にあるアングローバルで要職を歴任してきた辣腕の人。

アングローバルは英マーガレット・ハウエルとそのカジュアルラインMHL、ダイスアンドダイス、セブンバイセブン等も擁しています。

ナノ・ユニバースに関しては先述したように段々と興味がなくなってきていたので、ちょっと楽しみなニュースだったわけです。

 

リブランディングの内容は

出典:今すぐ欲しい春の新作アイテム (nanouniverse.jp)

 

で、高くなるの?安くなるの?

・・・どうやらそういった単純な構造ではなさそうなのが今回のナノ・ユニバースのリブランディング。

 

リブランディングに期間が設けてある

2022年3月にスタートする今回のリブランディング。いっぺんに刷新するというわけではなく、2024年までの約3年間をかけて段階的な施行となるようです。

リブランディング直前の在庫といった問題もあるのではと思いますし、世間の反応を見ながら細部の方向性の微調整もできるかもしれない。これは良い方策だと思いました。

 

イメージを確定する

クリエイティブディレクターに就任した中田氏は「最近のナノ・ユニバースは骨格が分かりにくくなっている」と言います。

私がずっと感じていた「ナノ・ユニバース評」は当たらずも遠からずで、「認知度は高くてもイメージが想起しにくい」という問題点が挙がっている様子。

確かに、一昔前はバイイングアイテムがかなり特徴的だったナノ・ユニバースですが、最近はオンラインで見ても実店舗で見ても、特徴が示しにくい安価なセレオリアイテムが8割くらいラインナップされているように思えます。

「ナノ・ユニバースのアイデンティティは何なのか」という部分が、ある意味カスタマー・サティスファクション(顧客満足度)を考えるあまり見え難くなってきているのかもしれません。

「イメージを確かなものにしていく」

これが今回のリブランディングのメインテーマのようです。

 

「マルチレーベルストア」へ①

出典:ナノ・ユニバース公式通販サイト | nano・universe (nanouniverse.jp)

 

どう舵を切ろうか?

逡巡した中田氏は約70人の本社スタッフと面談を行ったそうです(かつてSONYを再生した平井一夫氏のようなお話です。平井氏も常に社員たちと向き合い、話を聞いて回ることで会社を立て直しました)。

ナノ・ユニバースがリブランディングして向かう先に決めたのは

「生活に役立つファッションや情報を『知恵』として提案することを活動とする」

というスローガンです。

「只の洋服屋」ではなく、「文化的価値を持たせていく」という思いが込められているそう。

 

「マルチレーベルストア」へ②

さて、それで、新しい「ライン」のお話です。

 

①LB.01 Statement

最高品質の素材・縫製技術を用いたドレスライン

②LB.02 Bibliography

オリジナルのカジュアルアイテムとヴィンテージの仕入れ商品

③LB.03 Section

リーズナブルな価格帯のアイテム。セカンドライン的位置づけ

④LB.04 

アウトレットアイテム(専売品)

⑤LB.05

TSIホールディングス内のブランドのバイイングや協業レーベル

⑥LB.06

外部バイイングによる服や雑貨

の6つのラインによって成り立つとのことです。

頭についている「LB」は図書(Library)の意味。

少し前までナノ・ユニバースの店舗には服と服の間等に古書がレイアウトされていて、「なんて知的な雰囲気の店内なのだ」と思ったものです。

最近は影もありませんが、図書はナノ・ユニバースのアイデンティティを象るアイテムなのかもしれませんね。

どこか、垣根が分かりにくくなってきていたレーベルを明確に分けることで、それぞれがターゲットにする顧客層も明確になります。

ユナイテッドアローズ系列やアーバンリサーチ、ベイクルーズグループ、ビームス等はもう行っていることではありますが、それら以上に細かい分類になっていると思います。

 

マルチレーベルストアへ③

出典:LABEL [ LB.01 Statement ] | ナノ・ユニバース公式通販サイト|NANO universe CATALOG

 

それぞれのチャンネルは、販売店舗を細分化していきます。

旗艦店はLB01、LB02のみで構成され、ショッピングモール等の店舗はLB03を中心に構成。その他も店舗ごとの地域性や特色によって柔軟な商品構成になっていく模様。

感度の高い顧客の多い旗艦店ではハイエンドな商品を売り、マス層の多く訪れる店舗に関してはそのニーズに応える。現状よりも無駄のない運営になっていきそうです。

私の暮らしている地方ではLB01、LB02のラインがあまりお目にかかれないかもしれないと思うと少し残念ですが、致し方ないかなといった感想です。

都心部の大型店はラグジュアリーな雰囲気になっていくことでしょう。

個人的に興味がそそられるのはLB.02とLB.05です。

ハイエンドなカジュアル服のLB.02はもちろん必見ですが、同社内の他ブランドとの協業ラインがラインナップされるというLB.05は見逃せないという気がします。

TSIホールディング内には先述したマーガレットハウエルとMHLや、中田氏が手掛けるアウトドアブランド「アンドワンダー」等もあります。

 

ロゴの刷新

NANO univers

 

出典:進め、新しいナノ・ユニバースへ | ナノ・ユニバース公式通販サイト | NANO universe CATALOG

 

ロゴマークも刷新。何年かに一度変化を遂げてきたナノ・ユニバースのロゴマークですが、今回はかなりモダンな印象。

「ナノ・ユニバース」は「極小の宇宙」を意味する造語。「最小」と「最大」が対比的に一つの言葉を成しているのですが、今回はその語句の意味を「すべてを包括的に現している」と解釈。

「1ナノメートル=10⁻⁹m」となることから(これはド文系の私にはよくわからない話です(笑))、それを図形に直して落とし込み、「極小の宇宙と最大の宇宙」を表現しているらしいです。

新ロゴはショッパーや店舗、織りネームなど至る所に使用される予定。

まだリブランディング前のロゴのアイテムも多く存在しているでしょうから、全てが新ロゴに代わるのはもう少し先になりそうですね。

 

まとめ

ブリーチデニムロングスリーブワークシャツ

出典:ブリーチデニムロングスリーブワークシャツ / ブルー | 6682120241 | ナノ・ユニバース公式通販サイト|NANO universe CATALOG

 

この、LB.02のデニムワークシャツ26,400円はかなり格好いい。

細部への拘りは見るからに細かく、今までのナノ・ユニバースにはあまりなかった質のものなのではないかと思いました。はっきり言って、欲しい・・・。そう素直に思いました。

 

グレンチェック アジャスター付きツープリーツテーパードパンツ

出典:グレンチェック アジャスター付きツープリーツテーパードパンツ / パターン1 | 6682127247 | ナノ・ユニバース公式通販サイト|NANO universe CATALOG

 

こちらはLB.01の2プリーツパンツ。上質なサマーウールが使用された、文句のつけようのない一本。39,600円の価格設定からもLB.01の本気度の高さが窺えます。

 

出典:LABEL [ LB.03 Section ] | ナノ・ユニバース公式通販サイト|NANO universe CATALOG

 

私はナノ・ユニバースが大好きでした。

古書がディスプレイされた味のある店内の雰囲気も、「気分」に刺さるセレクトアイテムも。オリジナルアイテムも安っぽさがなく、「いいモノ」という印象が強かったです。

セレクトショップの中ではそれまでシップスかビームスによく行っていた私は、2000年代初頭、すっかりナノ・ユニバースに通う頻度が高くなっていたのです。

しかし、いつのころからか「ナノは変わったなあ」と思うようになり、すっかり足は遠のきました。

全く購入しないわけではなかったのですが(実際に昨年カワダフェザーのダウンカーディガンを買ったり、西川ダウンも長く愛用しました)。

 

出典:LABEL [ LB.02 Bibliography ] | ナノ・ユニバース公式通販サイト|NANO universe CATALOG

 

心のどこかで、変わってしまったナノ・ユニバースのことを悲しく思っていた気もします。

だから今回のリブランディングは非常に嬉しく思うわけです。

やっぱり、ナノ・ユニバースにはセレクトショップ界隈のトップランナーであってほしい。

今でもそう思っているし、大いに期待しています。

 

《ナノ・ユニバース公式通販サイト》『服を選ぶ。春が始まる。』あなたの《春服》ナノ・ユニバースにあります!

↑ ↑ ↑

ナノ・ユニバースのオンラインストアはこちらから!

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければバナークリックをお願いいたします、励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

是非ブックマークやコメントで皆さんのご感想などお聞かせください!

 



follow us in feedly