YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

【snow peak(スノーピーク)】アパレルラインに刮目せよ!

目次

 

アウトドア用品メーカーとして名を馳せるsnow peak(スノーピーク)

f:id:y-devotion:20210702143343p:plain

出典:スノーピーク * Snow Peak

 

snow peak(スノーピーク)と訊けば、どんなイメージを持っていますか?

アウトドアフリークの方からすれば「信頼のおけるアウトドアギアメーカー」

インドア派の方からすれば「えらく高いキャンプ用品メーカー」

私は後者でした。しかし、いずれにしても「ギア(用品)メーカー」というイメージは共通のもの。

しかし2015年位から、snow peak(スノーピーク)はアパレル事業に注力し始めているのです。しかもそのクオリティやデザイン性の高さは特筆もの。あるきっかけでsnow peak(スノーピーク)はその方向性に着手し始めたのですが、今回はsnow peak(スノーピーク)と、そのアパレルアイテムについて深堀りしていきたいと思います。

 

スノーピークは日本が誇るアウトドアブランド

ソース画像を表示

出典:スノーピークストア ヒマラヤスポーツ高崎店 | スノーピーク * snow peak

 

ロゴマークにも記されている通り、スノーピークは1958年創業のブランドです。創業者の山井幸雄が起業したのは金物問屋。そして趣味が登山だったそうです。クライミングギアを、金物屋だった手技を活かして自身で作り始めたことがきっかけで自社名を株式会社ヤマコウとします。事業をすくすくと拡大し、山井幸雄氏が展開するクライミングギアやフィッシングギアは全国展開されていきます。

・・・なんだかここまでの経緯はアメリカのパタゴニアと酷似していますね。

 

ymfresearch.info

ymfresearch.info

 パタゴニアもその起源はギアメーカーでした。詳しくは過去記事を是非読んで下さい。

 

後に2代目である山井太氏が入社するとキャンプ用品に裾野を拡げ、オートキャンプシーンのパイオニアとしてヤマコウは名を馳せます。

1996年に山井太氏は代表取締役に就任し、社名を現在のスノーピークに改めます。

その後はスノーピークの中核事業だったオートキャンプブームも下火となりますが、スノーピークは企業努力を惜しまず、焚火禁止のキャンプ場でも焚火のできるステンレス製焚火台を開発する等ロングセラー品をリリースし続け、ユーザーの信頼を勝ち取り続けているのです。

 

スノーピーク製品の特長

①国内生産に拘る

ソース画像を表示

出典:SnowPeakEatで使用しているSnowPeak商品説明 | スノーピーク Eat 昭島アウトドアヴィレッジ * Snow Peak Eat Akishima Outdoor Village

 

後述するアパレル関連アイテムは一部国外産が存在していますが、アウトドアギアは完全国内生産に拘っています。新潟県発の国内ブランドであるスノーピーク。「顧客からの信頼」に絶対的比重を置くブランドの矜持ともいうべきこの鉄則は、アウトドアフリークにとって非常に大きなファクター。日本製特有の丁寧な技術や確かな品質は目で見て、実際に使用すると確かに実感できるものでしょう。

 

②普遍的なデザイン

ソース画像を表示

出典:登山用にsnowpeakのチタンマグを選んだ理由。持ち手、直火、シリコンカバー… | アキスタイルフォト

 

スノーピークのアイテムは兎に角シンプル且つ洗練されています。ロゴも格好いいですよね。無駄な装飾がなく、材質や機能といったナチュラルな要素を前面に押し出したデザインになっているかと思います。これは、前述したメイドインジャパンならではの技術や品質があってこその物だろうと思いますが、それを活かすデザインを採用するセンスはなかなか他にはないものではないかと感じています。アウトドアに造詣のない人間からしてもうっとりしてしまうものが多く存在しています。

いや、一言で言いましょう。「とにかく、格好いい!」これにつきます。

 

③徹底したユーザー目線

ソース画像を表示

出典:スノーピーク ランドステーションL 中古美品入荷いたしました! | アウトドアショップ キャンプトレジャー名古屋のブログ

 

スノーピークの製品は、とにかく高い!これは多くの人が抱えているイメージだと思います。しかし、「高い」って何でしょう。

スノーピークの製品には保証書が付属していません。「え?どこがユーザー目線?」いえいえ、全くの逆で、製品に絶対の自信があるからこそ保証書が付属していないという事なのです。欠陥が万が一あった場合はスノーピークに連絡すると対応してくれるそうです(経年劣化など一部の例外を除く)。これはなかなか聞かない話。

「高い、安い」というのは、「クオリティや価値に対する対価として高い」といった概念だと思います。スノーピークのクオリティに対する対価としては、決して高すぎるものは存在しないのかもしれません。それに、アウトドアシーンというものはともすれば命の危険を伴うこともあり得ることでしょう。ここはそれなりの対価を支払って然るべき部分だという見方もできます。そういう範疇も含めて、徹底したユーザー目線を貫いているのがスノーピークなのです。

 

スノーピーク、(本格的に)アパレル事業に注力する

さて、そんなスノーピークですが、前述した歩みの中、幾度かアパレル事業の拡大を試みています。なので10年前やそれ以前の年製のアイテムがちらほらと存在しているわけですが、それでも「スノーピークのウェア」というのはあまり名を馳せてはいませんでした。

ソース画像を表示

出典:スノーピーク山井梨沙が語る「人間性の回復はなぜ必要なのか?」 | ROOMIE(ルーミー)

 

しかし、2012年、現代表取締役社長である3代目、山井梨沙氏が入社すると、本格的にアパレル事業に着手し始めます。山井梨沙氏はファッション系の大学を卒業後、東京でデザイナー業を経験。元々家業であるスノーピークを継ぐ気はなかったとのことですが一念発起して入社したそうです。

アパレルのマーケティングに流通していた山井梨沙氏は、スノーピークのアパレル事業を軌道に乗せる手段として、日本市場ではなくアメリカ市場からのスタートを起案します。

 

ソース画像を表示

出典:「セブンルール」がスノーピーク3代目山井梨沙社長を特集、若きリーダーの姿に密着

 

これは、知名度やブランド力が大きくセールスに関与してくる傾向が強い日本市場よりも、モノそのものの良さやデザイン性を優先して評価されるアメリカ市場の特性を計算してのものだったそうです。結果その戦略は大成功を収め、アメリカ市場を席巻。そして、アメリカ市場から日本市場へ、スノーピークのアパレル事業は半ば逆輸入される様相で展開されていくのです。

 

「LOCAL WEAR(ローカル・ウェアー)プロジェクト」

ソース画像を表示

出典:「Snow Peak LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA」が2020年8月29日(土)にオープンすることをお知らせいたします。 | 新着情報 | スノーピーク * Snow Peak

 

山井梨沙氏は、アメリカ市場から日本を見たときに、「日本の物造りの良さを実はまだまだ日本人はわかっていない」と感じたそうです。そこで立ち上げられたのが「LOCAL WEAR(ローカルウェアー)プロジェクト」。プロジェクトごとに産地を限定し、その土地の技法や技術に特化した製品を製作するというもの。アパレルを通して、日本の職人技術が培ってきた土着の文化を守る。そして、そのすばらしさを伝える。まさに日本発のブランドでなくては出来ない素晴らしいプロジェクトですね。

 

ソース画像を表示

出典:株式会社スノーピーク|導入事例|sitateru - シタテル -

 

上の画像は岩手県で100年以上の歴史を持つ老舗染物屋「京屋染物店」との協働アイテムです。このほかにも様々な地方の老舗等と協働してアイテムを開発しています。

 

「アーバンアウトドア」への変遷

ソース画像を表示

出典:Pin on 庭 バーベキュー

 

近年スノーピークは、「野遊びできる家」をキーワードに、アーバンアウトドアを提唱しています。自然の中に出掛けアウトドア活動を愉しむ、それはそれでいいのですが、それを自宅や近くの公園でも愉しむ。このご時世も手伝って必然の流れではあるでしょうが、前面に押し出して提案しているのはまだまだ画期的ともいえるかもしれません。

 

ソース画像を表示

出典:バルコニー | アーバンアウトドア | スノーピーク * Snow Peak

 

さて、そうすると、ギアもウェアも、アウトドアシーンからアーバンアウトドアまでユニバーサルにフィットするものになっていく必要があります。これは私も過去記事で述べましたが、近年に関わらずアウトドアウェアが街使い用として使用されていて、ストリートシーンに欠かせない物になっている事とも通じます。アウトドアウェアは機能性が高く、機能美も備わっている。それはアウトドアシーンに関わらず普段使いをしたとしても心地よいわけです。車だってそう。近年SUV車の人気が非常に高いのは、オフロードを走るための機能が街乗りに使う際にも同じようにユーティリティーだからに他なりません。ボックス型のシルエットは居住性の高さに繋がり、高いアイポイントは運転のし易さに繋がります。

スノーピークのアイテムも、山使いから街使いまで幅広くフォローするものへ変遷してきているのです

 

スノーピークアイテムのご紹介

①ギア

スノーピークのロングセラーアイテムであるステンレス製の焚火台です。前述したようにキャンプ場から自宅庭でのバーベキューまで幅広く対応してくれそうです。

 

スノーピーク snow peak 焚き火台 焚火台Mスターターセット SET-111 od

価格:21,780円
(2021/7/2 11:30時点)
感想(1件)

 

何となく、スノーピークと言えば思い浮かぶのがこの真空マグカップかもしれません。超軽量で保温性、保冷性に優れる一級スペックを誇るアイテム。なんといってもその洗練されたデザインは普段使いもしてみたくなる逸品です。

 

スノーピーク(snow peak) ステンレス真空マグ 450 MG-214

価格:4,620円
(2021/7/2 11:34時点)
感想(2件)

 

搭載されたプログラムにより、ろうそくのように揺らめく光で優しく照らしてくれる「たねほおずきランタン」。アウトドアシーンではテント内での読書をサポート。普段の生活でも寝室のナイトライトなどにも活躍してくれそうです。

 

スノーピーク たねほおずき snowpeak ES-041 ランタン ランプ LED アウトドアギア キャンプ 【正規品】

価格:4,950円
(2021/7/2 11:38時点)
感想(50件)

 キャンピングマットもキャンプシーンのみならず普段の快眠をもサポートしてくれそうです。

勿論持ち運びも可能。

 

スノーピーク snow peak キャンピングマット2.5w TM-193 [インフレータブルマット 防災]

価格:28,380円
(2021/7/2 11:41時点)
感想(1件)

 

 

②ウェア(アウター)

まずはアウター類から。

野良着ジャケットは、正に日本の元祖アウトドアウェアである野良着がモチーフになっています。これがアメリカ市場で人気を博したのは言うまでもありません。日本人にとってはノスタルジック、欧米から見れば非常に新鮮なデザイン。機能的で洗練されている、正しく「野遊び」に最適なジャケットです。スノーピークの哲学が詰まっているかのような逸品。

 

snow peak スノーピーク NORAGI Jacket 野良着ジャケット アウター メンズ レディース 日本製 竹 黒 グレー 竹 抗菌 無地 春 夏

価格:35,200円
(2021/7/2 13:30時点)
感想(0件)

 

スノーピークのウェアには「焚火シリーズ」というラインが存在しています。その一つがこの「TAKIBI DUCK(タキビダック)」。佇まいはハンティングジャケットがモチーフになっており、素材は太目のコットン糸を密に織り込んだ平織り生地の「ダック地」を使用(元祖は確かカーハート)。そして、多少の焚火時の火の粉を問題としない難燃性を備えています(カネカロンという難燃糸を交織)。機能的にはキャンプに最適。しかしそのスペックは快適性と防寒性を兼ね備え、普段使いにも高い適応性を発揮します。

 

【SNOW PEAK】スノーピーク 2020秋冬 SNOW PEAK TAKIBI Duck Jacket スノーピークタキビダックジャケット メンズ 長袖 トップス 2カラーアウトドア キャンプ用品【正規品】【あす楽対応】

価格:52,800円
(2021/7/2 13:39時点)
感想(0件)

 

snow peak

 

同じく「焚火シリーズ」からデニムジャケットです。ダックの雰囲気も良いですが、より細かいディテールが光るデニムジャケットも格好いい。

 

snow peak

横入れの胸ポケットや背面のゲームポケット、チンストラップ代わりになるスナップ付き左右非対称のレギュラーカラー等、ワークウェア好きが唸りそうなディテールが満載です。

 

スノーピーク タキビデニムジャケット snow peak TAKIBI Denim Jacket メンズ JK-20AU112 デニム ジャケット アウター トップス 焚き火 難燃性 焚火 キャンプ アウトドア フェス【正規品】

価格:32,340円
(2021/7/2 13:47時点)
感想(0件)

 

Snow Peak TAKIBI Denim Jacket (Indigo) JK-20AU112 スノーピーク 焚火 タキビ デニムジャケット デニム ジャケット ブルゾン ステッチ CORDURA コーデュラ 日本製 メンズ 送料無料

価格:46,200円
(2021/7/2 13:48時点)
感想(0件)

 

③ウェア(トップス)

SHIJIRA SHIRTS(シジラシャツ)は「日常と自然の距離を失くす服」を掲げるスノーピークを象徴するアイテムの一つです。甚平などにもよく使われる日本の織物技術「シジラ織り」は肌離れが良く、高湿でベタつく日本の夏を快適に過ごすのに最適なファブリック。

洗練されたデザインと日本らしい素材。とても味のあるアイテムです。

 

【SALE 20%OFF】 Snow Peak SHIJIRA Shirt (2色 Blue/Black) SH-20SU107 スノーピーク シジラ シャツ シジラ織り 涼感 日本製 メンズ 送料無料

価格:15,840円
(2021/7/2 13:54時点)
感想(0件)

 snow peak

前述の「焚火シリーズ」のシャツ版「タキビシャツ」。ジャケットと同じく難燃性の高い素材を使用しています。素材への拘りだけではなく、こなれ感のある中にもワーク由来のフラップポケットや縦襟のデザイン等ディテール面の拘りの見逃せません。

 

スノーピーク タキビシャツ snow peak TAKIBI Shirt メンズ SH-20SU101 トップ スシャツ キャンプ アウトドア フェス【正規品】

価格:21,120円
(2021/7/2 13:58時点)
感想(0件)

 

④ウェア(ボトムス)

野良着ジャケットとセットアップで着用できる野良着パンツ。同じく日本古来の農作業着である野良着がデザインソースになっています。セットアップだと本当の野良着のようになってしまうので別々での着用を個人的にはおすすめします(笑)。言うまでもなく最高級の快適性と、意外に現代のトレンドにもマッチしてしまう洗練されたシルエットが素敵なアイテムです。

 

snow peak スノーピーク NORAGI Pants 野良着 パンツ ボトムス メンズ 大きいサイズ アウトドア 竹 通気性 無地 カジュアル 春 夏 日本製

価格:26,400円
(2021/7/2 14:02時点)
感想(0件)

 

⑤シューズ・その他

snow peak

他のウェア等と同じく、ホーム⇒テントを快適に過ごせるアイテムを掲げるスノーピークらしい信念を感じられるシューズです。シューレース不要のワンタッチ着脱を可能にする「FIDROCK」を採用し、ソールは(勿論とでもいうべきか)ビブラム社製。最高のグリップ力と耐久性、そして悪天候にも対応する仕様になっています。デザインも秀逸。是非手に入れたい逸品です。

 

スノーピーク SPフィールドトレーナーメッシュ snow peak SP Field Trainer Mesh メンズ SE-21SU001 ウェア 靴 スニーカー ダッドスニーカー シューズ アウトドア キャンプ 26cm 27cm 28cm 【正規品】

価格:41,800円
(2021/7/2 14:08時点)
感想(0件)

 

アメリカ発の世界的アウトドアブーツブランド「ダナー」との協働モデルも存在しています。自然と都会を行き来するというコンセプトが両者共通だったことから成しえたコラボレーション。ダナーを履いてきたオールドファンも必見かも知れません。

 

snow peak(スノーピーク) Danner コラボレーション スニーカー シューズ DN-SE-21SU008 TRAIL 2650 GTX SP 7 キャンプ アウトドア アクティブシーン タウンユース ダナー 防水 ゴアテックス GORE-TEX コラボ 限定

価格:26,400円
(2021/7/2 14:11時点)
感想(0件)

 

【20% OFF】 snow peak スノーピーク Short Tabi Sox ショート足袋ソックス [2021 春夏]

価格:1,584円
(2021/7/2 14:12時点)
感想(0件)

ソックス一つとっても足袋モチーフであったり。細かく日本古来のディテールを取り入れているところなんかはさすがです。

 

 

スノーピークのまとめ

と、ここまで述べてきてなんですが、私は全くアウトドアに造詣がありません(笑)完全なインドア派です。

 

ソース画像を表示

出典:LAND STATION HARAJUKU|スノーピーク * Snow Peak

 

しかし、繰り返しますが、アウトドアスペックのものを普段使いすることは日常のQOL(クオリティオブライフ)を向上させることに非常に効果的です。そして「機能美」というものは普遍的な概念であり、多くのヴィンテージクロージングの根底に流れる物でもあります。そういうわけで、根っからのインドア派である私もアウトドアブランドやワークウェアブランドの動向を追い続けているわけです。というか、とても好き。スノーピークが掲げる「アーバンアウトドア」や「自然から都会へ」というコンセプトも、必然な流れでもあり、元々日常生活に必要なことだったのかもしれません。簡単に言うと、「日常的に使うものや身に着けるものも、快適なものの方が良いに決まっている」といった感じでしょう。

 

ソース画像を表示

出典:スノーピーク山井梨沙 父はサメ型、私はイルカ型の社長:日経xwoman

 

スノーピークはこの新型コロナ禍中でも粘り強い戦略を続け、売り上げを伸ばしているそうです。ギアやアパレルを販売する直営店を閉めざるを得ない時でも、「ラグジュアリーなキャンプ」を「海外旅行」の代替として提案し、自社の経営するキャンプ場に顧客を招致したり、ソロキャンプを促進するキャンペーンを組んだり。社会が変わっていくならば、環境が変容していくならば、自分たちのビジネススタイルも柔軟に変化させていかなくてはいけないというわけですね。恐ろしく柔軟性と革新性に長けた企業となっているスノーピークは、ちょっとやそっとでは倒れない巨大な存在になっているのかもしれません。

f:id:y-devotion:20210702152209j:plain

出典:Snow Peak Tokyo HQ3 / Leif.designpark

 

前代の社長山井太氏は「スノーピークをアウトドア界のエルメスにしたい」と語っていたといいます。これは、ただ「最高峰のハイブランドになる」というチープな意味ではありません。エルメスはラグジュアリーブランド界の中でも、職人の業や伝統を恐ろしく重視している稀有な存在。そして押しも押されぬ世界最高峰のレザーブランドです。華やかな中にも先を見る目と過去から延々と続く伝統を守る心も忘れない、非常に継続性のある存在であるエルメスは、スノーピークの目指すイメージと合致するのではないでしょうか。

 

因みに、私の居住地である熊本では新築された駅ビルである「アミュプラザ熊本」内にスノーピークの実店舗が出店されました。

 

 出典:「アミュプラザくまもと」(熊本県熊本市)に直営店「スノーピーク アミュプラザくまもと」をオープンすることをお知らせいたします。 | 新着情報 | スノーピーク * Snow Peak

 

「スノーピークイート」も併設され、スノーピークのキャンプ用品を使用して店内バーべキューもできるという・・・コロナ禍が落ち着いたら必ず赴き、スノーピークのアパレルアイテムを購入したいと思っています。

 

⇑⇑ スノーピークの他のアイテムはこちらからどうぞ!

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければバナークリックをお願いいたします、励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

follow us in feedly