YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

第19回 【KNOTT MEN ノットメン(トゥモローランド)】ストレッチタフタコート購入レビュー

目次

 

トゥモローランドでコートを購入

先日冬用コートを購入しました。

ショップはTOMORROW LAND(トゥモローランド)!

KNOTT MEN(ノットメン)

ストレッチタフタフーデッドコートです。

f:id:y-devotion:20201004170232j:plain

手前のやつです。

深ーいオリーブグリーンのタフタ素材を使ったコート。

 

奥のパタゴニア・トレントシェルのカーキグリーンと比べて光沢やグリーンの深さが際立つさまが分かるかと思います。

 

f:id:y-devotion:20201004170740j:plain

先日ご紹介した2レイヤーナイロンのバブアー・ビデイルフーディーと比較してもご覧の通り。

パタゴニアやバブアーのグリーンもそれぞれ味わい深いカラーで気に入っていますが、

この上品な光沢が気に入って購入しました。

 

y-devotion.hatenablog.com

 

 

f:id:y-devotion:20201004171033j:plain

裏地は滑らかなナイロン。結構分厚いです。

ツヤっとしていて肌触りの良さが堪りません。

f:id:y-devotion:20201004171309j:plain

裏地の胸ポケット部に控えめなブランドロゴ。

このさりげなさが堪りません。

f:id:y-devotion:20201004171440j:plain

着用するとこんな感じです。

コート ノットメン

ニット MHL

カットソー メゾンスペシャル

パンツ UNIQLOU(ユニクロユー)

シューズ サブソル×ビームス

 

中はシャツでもいいかなと思いました。

 

レビュー

タフタはポリエステルやナイロン等で織られた平織りの総称ですが、安い物から価値の高いものまで幅の広いマテリアルです。

DANTON(ダントン)もお得意の素材ですね。

ダントンのナイロンタフタは少しザラっとした質感のものです。

 

y-devotion.hatenablog.com

 

今回購入したストレッチタフタコートは相当な高密度のナイロンタフタで、光沢やドレープ感から見ても相当高級な部類に入るものかと思います。

普通高級なコートはウールやゴム混などの自然素材を使用した物が鉄板かと思いますが、この光沢、ドレープ感にやられた次第です(笑)。

実際全く安っぽさはなく洗練された色合いで上品さが感じられます。

しわはどう見ても付きそうにないのでケアの楽さも高ポイントです。

 

サイズ感は「2(M相当)」を購入しましたが、かなりゆったりしています。

トゥモローランドやその関連ブランドは海外サイズ表記なので計算ずくです。

野暮ったくならない程度のボックスシルエットできちんと感と今どき感の丁度真ん中あたりを落とし所にしているなと感じました。

 

デザインはかなりのミニマ厶具合。余計な装飾はなく(パッチポケットくらい)品の良さが漂います。ブランドロゴなどの主張がほぼほぼないのも好印象。

 

比翼のスナップボタンはミリタリーっぽさを程よく演出。

比翼ボタンは表地でボタンを隠す作りのことです。

かなり幅広いシチュエーションに使えるコートだと思っています。

 

一番のアピールポイントはやはり深いオリーブグリーンの光沢と滑らかな素材感でしょう。耐久性も高く、10年選手候補です。

 

記し忘れましたが、メイドインジャパン!

 

ちなみに昨年の型落ちモデルで、元値は71,500円。セールで相当なお買い得価格で購入しました。

 

KNOTT MENとは

f:id:y-devotion:20201004174821j:plain

出典:http://fashion-press.net/news/12406

ノットメンは、ジャン・ポール・ノットとトゥモローランドが協働するプロダクトです。

トゥモローランドはノットメンのように様々な独自ブランドを立ち上げており、ノットメンもその一つです。

 

ジャン・ポール・ノットは相当モードなブランドです。

トゥモローランドと協働しているノットメンは若干デイリーユースに適したデザインにモディファイドしてあるかと思います。

 

ジャン・ポール・ノットはあのイヴ・サン・ローランのアシスタントデザイナーを務めた経歴もある凄いお方。

そのデザインはミニマム且つ機能的で、世界中で高い評価を受け続けています。

 

トゥモローランドはこういった他のセレクトショップとは一線を画すプロダクトを遂行し独自の路線をひた走っているという印象です。

なかなかに高コストですが、その価値は十分にあるものが殆どだと思います。

 

トゥモローランドについてはいずれまた詳しく「セレクトショップリサーチ」にて記したいと思います。

 

KNOTT MENのおすすめ 


 

ベーシックなデザインのテーラードジャケット。自身のブランド「ジャン・ポール・ノット」ではテーラード技術の高さでも世界的評価を受けているノット。

トゥモローランドとの協働ライン、ノットメンではスポーティなナイロン混紡素材を使用しています。

 


 

レディースも素敵です。このショートダッフルコート、すごくかわいいですね。

リバーシブル仕様です。

 


 

トゥモローランドについてはまたいずれと言っておきながら、これだけは紹介させてください。

トゥモローランドは元々ニット専門からスタートしたセレクトショップです。

なので、トゥモローランドのニット製品は定評があるのです。

一般的なセレクトショップのセレオリに比べると少しだけ高いですがジョンスメドレーよりは安い場合が多いです。そして恐ろしく高いクオリティ。ファッションフリークなら一度は手にとっておきたいアイテムです。

私も以前所有していました。だいぶん着古してお役御免になりましたがまた必ず購入します。

やはりベーシックなメリノウールのものが一番良さが分かるかと思います。

 

まとめ コートの選択

毎年必ず冬用コートは購入しますが、今年の買い物はノットメンのタフタコートとなりました。

例えば夏のTシャツのように、数千円の買い物ではないので自動的によーく吟味してから買うことになります。

コートには様々種類がありますが、それぞれのライフスタイルや職業等によって選択肢は変わってくるでしょう。

 

余談ですが、ビジネスな局面では最近スマートフォーマルが浸透してきて、ジャケパンスタイルもインナーはTシャツOKの風潮が強まってきているようです。

冬に羽織るコートは、ビジネスマンならバルマカーンコート(ステンカラーコート)やトレンチコート(トレンチは元はミリタリーだから本当はフォーマルにはだめです)に加えフーデッドコートやモッズコートなんかも売り上げが伸びてくるかもしれませんね。

クラシックというものは時代の流れに埋もれていってしまうのかなと思うと少し寂しい気もします。

 

温暖化の影響で、高スペックなダウンや保温性の高いコートよりも薄手なものが主流になりつつあり、インナーで調整する風潮も強まってきているようです。

元々コートの裏地はシルエットが崩れるのでない方がきれいだというのもあるようですね。

世の中の変遷とともに服飾の事情も変わりゆくものなのです。

 

f:id:y-devotion:20201004171440j:plain

オリーブグリーンなのでフォーマルの上に着るのは難しそうですが、汎用性の高いモデルだと思ったのも購入の理由です。ある程度ですがちゃんとした場にも着こなし次第では行けそうですし(フォーマルな場には無理です)、カジュアルではなんにでも合わせやすいかと思いました。

 

それと、いい加減いい歳なので(笑)、カジュアルなシーンで着るものも、品のあるものを選ぶのは大切とも思っています。

品がある、しかし退屈になりすぎないもの・・・これからも大人としての嗜みとファッションを愉しむ気持ちとを両立していければと思っています。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

ランキング参加しています。もしよかったらリンクからにほんブログ村に入っていただくと嬉しいです。

いつもご購読ありがとうございます。

follow us in feedly