YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

「被らない」ダウンが欲しくないですか?10万円以内で買えるハイスペックダウン5選

目次

 

ダウンジャケットが欲しくなる

「今年の冬は厳しい寒さになる」

この間気象予報士が言っていました。

寒さは大敵。嫌だというだけではなく、体調そのものにも影響を及ぼしますからね。

昨年は「これはヤバい」と思った日は数えるくらいしかありませんでした。

「そんな着るの?」と言われるほど重ね着をして出かけましたが、今年はそんな日が続くのでしょうか・・・。

そのニュースを見てから、ダウンジャケットをサイトでチェックし始めた私。そんな方も多いのではないでしょうか(そうでもない(笑)?)。

 

信頼性は高いけれど

兎に角防寒性に優れたハイスペックなダウン、皆さん所有されていますか?

耐えきれない寒さの日に、「ああ、これがあれば安心」という心強い味方がダウンジャケット。

価格に糸目をつけないで考えると、まず思い浮かぶのは

 

カナダグース。カナダ発のハイスペックダウンを製造する、数年前に「ネクスト・モンクレール」として一世を風靡したブランドです(爆発的にヒットしたのは2013年)。「ビジカジ」の潮流に乗って、ビジネスからカジュアルまで幅広く使えるデザイン性の高さもその人気の要因でした。

近年ラグジュアリーブランドの様相を呈してきたモンクレールとは違う路線を歩み、やや人気は落ち着いてきたものの、相変わらず高い信頼性を誇る防寒着を作り続けています。シャツやパンツなどは作らずあくまで極寒地仕様のもののみ(帽子やグローブなどもあります)を作り続けている姿勢は称賛に値すると言えます。

 

カナダグース CANADA GOOSE カーソンパーカー 本国モデル (メンズ XS-XL 代理店未扱いモデル CARSON PARKA ダウンコート ダウンジャケット)

価格:144,100円
(2021/11/1 11:22時点)
感想(1件)

 

フランスのピレネックスも押しも押されぬ一流ブランド。生産の行程を一貫してピレネー山脈の麓にある自社工場で行う剛健さが魅力。カナダグースに勝るとも劣らぬ品質と信頼性の高さは、世界最高峰の一角と言って差し支えないでしょう。水鳥の飼育にまで管理の手を及ぼしているというから本当に凄いですね。

 

PYRENEX(ピレネックス)/HM0051 BLOW(ブロウ)/black

価格:107,800円
(2021/11/1 11:28時点)
感想(0件)

このように、一張羅として所有するに値するハイスペックダウンは存在していますが、やはり街に出ると、「被る」という問題があります

価格も、モンクレールやカナダグース、ピレネックスを買おうとすると10万円ではとても足りないわけですし。

そこで今回は、10万円以内で買えて、上記のダウンに勝るとも劣らない防寒性・スペックを誇り、そして、他人と被りにくいダウン5選をご紹介したいと思います。

実際に所有しているわけではありませんが、これまで様々なものに多く触れてきた私が自信をもってお勧めするアイテムなので、間違いはないかと思います。

是非最後までお付き合いください。

 

おすすめのダウンジャケット

①ホワイトマウンテニアリング ダウンコート 69,300円

まずは先日ユニクロとのコラボレーションで話題になったホワイトマウンテニアリング

「おお、ホワイトにしては少し安い」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれ、私も度々ご紹介する高コスパのインナーダウンブランド「TAION(タイオン)」とのコラボアイテムなのです。

TAION(タイオン)の、他の追随を許さないコストパフォーマンスの高さと、ホワイトマウンテニアリングのデザイン性の高さが高次元で融合した要注目のアイテムです。

 

コーデに自信のある方はカモフラ柄もあります。

シェル内には撥水加工を施したグースダウンが封入されており、850FP(フィルパワー)を誇っています。防寒性は文句ないでしょう。

 

White Mountaineering ホワイトマウンテニアリング ダウンコート アウター FALLEN LEAVES PRINTED REVERSIBLE DOWN COAT

価格:69,300円
(2021/11/3 20:53時点)
感想(0件)

②Yeti(イエティ)ノルディックダウンジャケット 39,600円

キャンパーたちから絶大な支持を得ているドイツ発のアウトドアブランド「Yeti(イエティ)」。伝説のUMAをブランド名に冠したなかなか格好いいブランドです。

元々シュラフ等のキャンプギアを中心に展開していたようですが、実は1996年からダウンジャケットの販売を開始しており、割と古くからあるブランドなのです。

そんなYeti(イエティ)が作るダウンジャケットはなかなかハイクオリティ。インサレーションは「クリスタルダウン」と呼ばれる天然ダウン100%。その清浄度は業界トップクラスと言われています。

 

「お、どこのダウンだろう」と他者に見られ、モンクレールでもない、カナダグースでもない、Yeti(イエティ)のパッチが付いている。玄人好みでなかなか良いじゃないですか。ベーシックなデザインで着やすく、長く愛用できそうです。ついでにコスパもグッド。

 

【SALE/40%OFF】Yeti NORDIC DOWN JACKET Sonny Label サニーレーベル コート/ジャケット ダウンジャケット ブラック【RBA_E】【送料無料】[Rakuten Fashion]

価格:39,600円
(2021/11/3 21:05時点)
感想(0件)

イエティ ノルディックダウンジャケット Yeti NORDIC DOWN JACKET メンズ YU45001 ダウン コート アウトドア ジャケット アウター キャンプ【正規品】

価格:39,600円
(2021/11/3 21:06時点)
感想(0件)

 

③ケープハイツ サミットダウンャケット 61,600円

1990年にアメリカ・ニューイングランド州のファクトリーから「ケープハイツ」はスタートしました。実はこのブランド、そのファクトリーであのL.L.Bean(エルエルビーン)の生産も手掛けていた実力派。1994年に自社ブランド「ケープハイツ」は始動し、2014年にいよいよ満を持して日本展開がスタートします。

近年は有名セレクトショップの取り扱いが爆発的に増え、その人気っぷりは歯止めがきかないほど。やはり、「アメリカのファクトリーブランド」という肩書に、特に私たち大人世代は弱いのです。

さて、この「サミット」はクラシカルなデザインとこだわりの70/30クロスを使用した高い撥水性、十八番のアウトドアスペックを備え、死角なしの「大人のダウンジャケット」に仕上がっています。

残念ながらUSメイドではないものの、アメリカらしい雰囲気を纏った「ケープハイツ」のダウンジャケットは、洒落た大人の冬のお供にピッタリかもしれません。

勿論、カナダグースやピレネックスに比べると、まだまだ他者と被る可能性は低いです。

 

Cape Heights ケープハイツ SUMMIT Jacket サミット フード付き ダウンジャケット CHM1115992200 メンズ

価格:61,600円
(2021/11/3 21:19時点)
感想(0件)

Cape Heights / ケープハイツ : 【ONLY ARK】別注 SUMMIT × ARK STANDARD : サミット ダウン アウターメンズ : C9M111713220 【STD】

価格:61,600円
(2021/11/3 21:20時点)
感想(0件)

④アークティックエクスプローラー ベルーガ 78,380円

「アークティックエクスプローラー」は、2013年にロシアで創業した、「南極探検隊」をモチーフにしたブランドです。製造を一貫してロシア国内で行う等強い拘りをもっています。

数年前、そろそろピレネックスの人気もひと段落したかなと思いだしたタイミングで、有名セレクトショップが取り扱いを始めたのをよく覚えています。

ロシア発というのが新鮮なのと、本当に-30℃まで耐えきれる防寒性の高さが相まって、そこそこの注目を集めていました。

個人的な感想も入っていますが、カナダグースやピレネックスほどの人気っぷりは博せなかったアークティックエクスプローラー。若干地味な印象。

しかし、だからこそ他者と被らない。

 

微妙・・・と言われそうなこのワッペンデザインも、よく見ていると愛着が湧いてくるような・・・。いやいや、私は一時期本気で購入を考え、わざわざジャーナルスタンダードまで試着に行きましたよ。一見の価値ありです。

このベルーガはゆったりとしたサイズ感とデザインで、トレンドライクに着こなせることでしょう。

 

ARCTIC EXPLORER アークティックエクスプローラー BELUGA ベルーガジャケット ダウン アウター ロゴ 刺繍 メンズ ブラックプレゼント ギフト 通勤 通学 送料無料

価格:78,380円
(2021/11/3 21:33時点)
感想(0件)

⑤ヘルノ バルカラーダウンコート 93,800円

最後はグッとラグジュアリーな雰囲気のヘルノのご紹介。

ヘルノはムーレーと並びイタリアの2大ダウンブランドと言われています。

1948年創業の伝統あるブランドで、北イタリアの雰囲気をたっぷり含んだエレガントな面持ちが、そのアイテムたちの大きな特徴と言えます。

モンクレールやデュベティカ、タトラス等ラグジュアリーなダウンジャケットを作るブランドはヨーロッパに数多ありますが、ヘルノのもの作りに対する真摯な姿勢は、世界中の顧客から長年愛され続けているのです。

 

オーソドックスなバルカラーコートをデザインソースに作られたこのダウンコートは、ミドル丈と鈍い光沢、すっきりしたシルエットでビジネスからカジュアルまで幅広いシーンに対応可能。

更に、このモデルは植物由来の染料を使用したナイロンを使用しており、近年のファッション業界のキーワードの一つであるサスティナビリティの概念にも通じています。抜かりなしというわけですね。

私もいつかは欲しいです。

 

ヘルノ ダウンコート メンズ ダウンジャケット ミドル丈 フード付き HERNO Globe PI0690U ステンカラー バルカラー ダウン アウター コート 【送料無料】 アウター ブランド【あす楽対応】定番アイテム

価格:93,800円
(2021/11/3 21:49時点)
感想(2件)

 

まとめ

ダウンジャケットはなんだかんだと言っても高い買い物です。大体、冬場というのは一着一着の単価は上がります。だからこそ失敗はしたくないもの。

そして、「良いものだけれど、他者と被らないもの」を入手するというのも一考なのではないかと思います。

ダウンジャケットを持っていると、極寒の日があっても「あれがあるから安心」と思わせてくれます。寒がりな方は特に、少し頑張ってそれなりに値の張るダウンジャケットを購入してみてはいかがでしょうか。

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly