YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

MUJI Labo(ムジラボ)異素材コンビスタンドカラーシャツは正直言ってかなりの良品でした!

目次

 

無印良品のMUJI Labo(ムジラボ)を初購入

f:id:y-devotion:20210930124918j:plain

無印良品は、中高生当時のわたしにとって特別な存在でした。

熊本の中でも特に田舎の方の出身の私にとって、当時熊本市内でしか手に入らなかった無印のアイテムは特別にオシャレなものとして映っていたのです(当時はファミリーマートにも置いていませんでした。というか、私の地元には当時ファミリーマートもありませんでしたが(笑))。

今でこそ非常に身近な存在ですが、どこか未だに特別視している節があります。

しかし、何故か無印良品の衣料品をあまり、というか殆ど購入しない私。

ベーシックの極みと言えるようなシンプルこの上ないラインナップを、大人になった私は「購入する」という一歩が踏み出せずにいるのかもしれません。

私の選ぶアイテムの特徴は、シンプル且つベーシックではあるものの、さり気ない工夫や遊び心がほんの少し添えられているものが多かったりします。

それで余りヒットしないのかもしれません。

そこに来て気になっていたのが無印の特別コレクションである「MUJI Labo(ムジラボ)」。無印良品の衣料品に特別な感情を抱きながらも、あと一歩のところで手を出せずにいる私の背中をそっと押してくれる存在。

今回は初めて購入したこのラインのアイテムをレビュー致します。

 

 

MUJI Labo(ムジラボ)とは

MUJI Labo

出典:MUJI Labo | 無印良品

 

MUJI Labo(ムジラボ)は無印良品の、いわばハイエンドラインとでもいうべきラインです。

UNIQLOで言えばUNIQLO U(ユニクロユー)や+J(プラスジェイ)など、H&Mもcos(コス)という上位互換ラインがあり、もっと言えばTOYOTAにとってのLEXUSのようなもの(これは少し違うかも)もあります。

ハイエンドラインなので、価格帯は無印良品のインラインよりも若干高く、しかしユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング等のセレクトショップオリジナルのものよりは若干安いと言ったところです。

スタートしたのは2011年と意外と古く、マーガレットハウエルとMHL(エムエイチエル)を展開する㈱アングローバルと提携してスタートしています。MHLのナチュラルな雰囲気は言われてみると近いものがありますね。

 

ymfresearch.info

 

本格的にMUJI Labo(ムジラボ)が盛況となったのは2017年。ある意味カリスマ的人気を誇るドメスティックブランドの「N.HOLLYWOOD(エヌ・ハリウッド)」デザイナー尾花大輔氏が参画し始めた年からです。

 

ソース画像を表示

出典:【動画】N.ハリウッドNY初のランウェイショー 尾花大輔の今と未来

 

デザイナーズブランドとはいっても、ナチュラルな雰囲気で古着やヴィンテージにも造詣の深い尾花氏と無印良品の特徴は非常にマッチしたという事でしょう。

 

 

MUJI Labo(ムジラボ)の特徴

出典:MUJI Labo | 無印良品

 

MUJI Labo(ムジラボ)は、そのアイテム自体の醸す雰囲気は無印良品のインラインのものと大きな差異はないと思います。無印良品のインラインのアイテムは無駄を削ぎ落した、日常にすんなりと馴染むような特徴を持っていますが、基本的なコンセプトは同じでしょう。

 

MUJI Laboがつくるのは、性別や年齢、体型に関係なく着用できるサイズ感の服たち。飾り立てるファッションから距離を置いた、実験室。
ここから、将来の無印良品のベーシックが生まれます。

引用:MUJI Labo | 無印良品

 

引用文からも分かるように、ベーシックに軸を置いたシンプルなアイテムが主軸。

しかしながら、インラインとの違いもあります。

 

①どんな体型の方にも似合うように作られている事

②ジェンダーレスであること

 

①に関しては、簡単なことですが、体型を拾わないようにかなり大胆なリラックスシルエットに仕立ててあるという事です。しかし、ただただ大きいサイズ感だというわけではなく、そのカッティングはかなり緻密に計算されていて、姿を綺麗に見せてくれるようです。

②に関しては、メンズ・レディースの区別がないという事です。これはサイズ展開自体もそうなのですが(4XS-3XS~L-XLの間で、基本的に小さめの方は女性向け、大き目は男性向けであるが、別にその限りではない)、デザインも非常にミニマルで、男性が着てもかわいく、女性が着ても素敵な雰囲気になっています。

因みに、全ての無印良品店舗に置いてあるわけではなく、旗艦店のみで販売してあるところが少しだけ残念です。熊本でも知っている限り一店舗しか対象店がありません。

 

MUJI Labo(ムジラボ)異素材コンビスタンドカラーシャツレビュー

f:id:y-devotion:20210930124654j:plain

というわけで購入してきたのがこちらです。

MUJI Labo(ムジラボ)異素材コンビスタンドカラーシャツ 5,990円

 

①異素材たる所以

f:id:y-devotion:20210930124720j:plain

「異素材」と銘打っているわけですが・・・まず前身頃はナイロン100%。少しガサガサしたナイロン生地になっています。

 

f:id:y-devotion:20210930124741j:plain

少しわかりにくいですが、前身頃以外・・・つまり袖と後ろ身頃はカットソー生地になっています。

 

f:id:y-devotion:20210930124730j:plain

前身頃以外をカットソー生地にすることで、デザイン面ではほんのりと「違い」を表現し、着心地の面では非常にソフトな感覚を実現しているというわけです。

他にもシャツは何種類かありましたが、このアイテムの少し不思議な雰囲気が気に入りました。

不思議なもので、すんなりと日常のコーディネートに溶け込みそうでもあります。その辺が無印良品たる所以。

 

②シンプルながらも気の利いたディテール

f:id:y-devotion:20210930124941j:plain

何度も述べていますが、私はバンドカラーやスタンドカラーのシャツが大好き。MUJI Labo(ムジラボ)のシャツはスタンドカラーのアイテムが非常に多いのです。

ボタンはスナップボタンになっており、王道からは外れているのでしょうが、使い勝手の良さと若干のスポーティーさが漂います。

 

f:id:y-devotion:20210930124842j:plain

スリットと、非常にわかりにくいですがハンドポケットもあります。春、秋はシャツアウターとして。冬はミドルレイヤーにも使える汎用性の高さ。デザインに変な癖がないので何にでも合わせやすいかと思っています。

 

③コーディネート

f:id:y-devotion:20210930123951j:plain

先述したように、MUJI Labo(ムジラボ)のアイテムはジェンダーレスなサイズ展開になっています。

しかも、かなりのオーバーサイズに設定されており、それは既知のことではあったのですが、実際に見てみるとその尺度には少し驚きました。

というのも、着用イメージで私が着用しているのはS-Mサイズになっています。L-XLサイズを試着しましたが、余りにも大きすぎました。

普段リラックスシルエットを好んで選ぶ私でも、このくらいが丁度良いほどです。サイズ選びは留意が必要かもしれません。

 

f:id:y-devotion:20210930123817j:plain

ハバーサックのワイドパンツに、パラブーツのコローでコーディネートしています。

 

ymfresearch.info

 

ymfresearch.info

 

「異素材コンビ」っぷりは画像では伝わりにくいと思いますが、かなりナチュラルな雰囲気なことはお分かりいただけるかと思います。

シルエットが綺麗で、カットソーに切り替わっているショルダーラインも落ち感が絶妙。おまけに着心地もとても良いです。

 

f:id:y-devotion:20210929175116j:plain

フロントオープンにしてシャツジャケットとして着用してみました。カットソーはUNIQLO U(ユニクロユー)のエアリズムコットンオーバーサイズTシャツ、シューズはスペルガ2950に替えています。

 

ymfresearch.info

 

ymfresearch.info

 

フロントオープンにするとまた違った雰囲気が愉しめます。軽やかでいて、安っぽくはない。なかなかの良品と言えるでしょう。

 

f:id:y-devotion:20210929175203j:plain

繰り返しになりますが、これでS-Mサイズです。筆者は173㎝66㎏で普段は大体Lサイズ、UNIQLOをリラックスフィットで着ようと思う時はXLサイズを選ぶことが多いほど。先日はエクストラファインメリノモックネックセーターのXXLサイズを選択しました。

つまり、普段の自分が思っているサイズの解釈とは少し違うように設定されているという事ですね。

 

出典:MUJI Labo | 無印良品

 

MUJI Labo(ムジラボ)のHPにはサイズチャートがありますので参考にされるといいかもしれません。

しかし、この異素材コンビシャツ、なかなかいい出来になっています。風合いや使い勝手も抜群。無印良品のハイエンドラインとは言っても、大きな括りではファストファッションの部類に入るアイテム。その中では最上級のクオリティやデザイン性の高さと言って良いでしょう。

 

www.muji.com

 

MUJI Labo(ムジラボ)には、異素材コンビシャツにレギュラーカラータイプがあったり、他にもロング丈や素材違いのタイプなどもあります。是非ホームページをご覧になってみて下さい。

 

www.muji.com

 

 

まとめ

f:id:y-devotion:20211001214743j:plain

というわけで、今回初めてMUJI Labo(ムジラボ)でアイテムを購入したわけですが、「これはアリ」です!

「安価」という表現は、様々な物差しを持つ方々がいる中で相応しくない場合もあるので安直には表現し難いですが、UNIQLOの特別ライン(ユニクロユーや+J など)と同等か多少上くらいの価格帯で手に入るものとしては、かなり質は良いと思います。

シンプル且つベーシックで癖がないけれど、確かなセンスは感じられる。やはりエヌハリウッドの尾花氏が噛んでいるだけありますね。

 

f:id:y-devotion:20210930124319j:plain

今回異素材コンビスタンドカラーシャツを購入したことでMUJI Labo(ムジラボ)の良さが分かった私は、きっとまた購入すると思います。次はアウターやパンツなんか良いですね。

また、繰り返しますが、MUJI Labo(ムジラボ)はジェンダーレスなコレクションなので、女性にも非常におすすめです。

 

Main_sectionTopBanner_promotion_T10013_1080_210909.jpg

出典:MUJI Labo 通販 | 無印良品

 

いや、寧ろナチュラルでシンプルな服装が好みな女性にこそチェックして欲しいと思います。「なんか、嫌い」という方は、きっと少ないのではないかなと感じています。非常に素敵だというのが正直な感想。

アウターからトップス、パンツ、シューズ、果ては小物までフルラインナップが揃うコレクションなので、是非一度ご覧になってみて下さい。

 

www.muji.com

 

おまけ(今日のネコ)

f:id:y-devotion:20211001214502j:plain

「にゃんにゃんにゃんにゃん!にゃにゃん!(おい、YM、ブログばっかり書いてないで、たまには読書でもして知見を深めたらどうだ?最近ほとんど読書してるところをみないぞ)」

さすが、ココさん・・・肝に銘じます・・・。ほんと、おっしゃる通りです・・・。

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければバナークリックをお願いいたします、励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

是非ブックマークやコメントで皆さんのご感想などお聞かせください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly