YMのメンズファッションリサーチ

メンズファッションについて、ブランド、アイテム、ショップ、人物等様々な角度からリサーチします。

「UNIQLO、ホワイトマウンテニアリングとコラボ」久々に刺激的なニュース!

目次

 

ユニクロ&ホワイトマウンテニアリング

久々に刺激的なニュースが。

 

f:id:y-devotion:20210827163319j:plain

出典:UNIQLO and White Mountaineering - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

 

ユニクロの今秋のコラボレーションコレクション情報。なんと相手は「White mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」とのこと。久々の刺激的なニュースです。

最近強い逆風に晒されているユニクロですが、何か隠し玉を準備しているのではないかと勘繰っていたところでした。やはりあったのかという感じです。ホワイトマウンテニアリングとは!やってくれます・・・。

まだ速報段階で、詳細な情報が出ていない状態ではありますが、ホワイトマウンテニアリングとは何かについて述べ、そしてこのコラボコレクションの行方を占ってみたいと思います。

 

ホワイトマウンテニアリングとは

f:id:y-devotion:20210827164138p:plain

出典:2022 Spring & Summer | White Mountaineering Official Web Site

 

ホワイトマウンテニアリングは2006年秋冬コレクションよりスタートした日本のブランドです。デザイナーの相沢陽介氏はコムデギャルソンジュンヤワタナベマンでの経験もある方。1977年生まれです。近年はJリーグ・コンサドーレ札幌のクリエイティブディレクターに就任したり、大学で客員教授を務め教鞭を振るうなど、その活動の在り方自体も非常に魅力的な人物。

ホワイトマウンテニアリングは「デザイン・実用性・技術」の3要素を一つの形にして市場に屈しない姿勢でのもの作りを掲げており、「マウンテニアリング」と名乗ってはいますが、単純なアウトドアブランドでは全くもってありません。

使うフィールドがアウトドアだというのには違いないのですが、そのコレクションを見てみるとモードな香りのするアイテムを野や山で着こなしているイメージが非常に鮮烈な、ナチュラルさとアバンギャルドさを兼ね備えたブランド

 

f:id:y-devotion:20210827165201p:plain

出典:2022 Spring & Summer | White Mountaineering Official Web Site

 

このぱっと見た感じ違和感のあるイメージがとてもオシャレ。ジュンヤワタナベで経験のある相沢氏ならではの感性がひしひしと伝わってきます。

勿論先述したように使うフィールドはアウトドア、そして必須3要素の一つに実用性を掲げているように、その着心地や使い勝手はユーティリティー性に優れており、デザイン性の高さに特化したデザイナーズブランド等とは一線を画した存在でもあります。

 

f:id:y-devotion:20210827170012p:plain

出典:2022 Spring & Summer | White Mountaineering Official Web Site

ホワイトマウンテニアリングはミラノ・パリでも展示会を開くなど、日本国内のブランドというよりはその知名度の高さは世界基準となっています。

 

ユニクロ&ホワイトマウンテニアリングはどうなる

まだ速報の段階で、コレクションの内容ははっきりしていないのですが、

UNIQLOの「ライフウェアマガジン」にて相沢氏のインタビューが掲載されています。少しだけ考察してみましょう。

 

「まず僕はユニクロのインナーウェアを着てスノーボードをやってみることから始めました。自分が体感した情報にしない限り判断ができないと思ったんです。アンダーウェア、ソックス、Tシャツといった身の回りのものも意図的にユニクロにしてみたのですが、結果はストレスゼロ。ストレスを可能な限り感じない洋服が日常では大事になると考えているので、僕がユニクロと一緒に作るアウターも同じ線上にしたいと思いました。

 引用:ユニクロ | LifeWear magazine | UNIQLO & White Mountaineering

 

単純にビジュアルがいいのかというだけではなく、たとえば薪割りをした際に、腕がすごく上がりやすいのに気づかない。自転車に乗っているときもそうで、ストレスを気づかせない袖回り、肩回りにするにはどうすべきかといったことなどを考えてパターン、デザインを考えました」

 引用:ユニクロ | LifeWear magazine | UNIQLO & White Mountaineering

 

自身の信念とユニクロのアイテムの親和性の高さを確認する作業から入った様子が伺えます。見た目の良さのみならず使いやすさ、日常的な着回しの良さに着目されているようですね。

 

こうして出来上がったプロダクトのひとつが両胸に止水ジップの付いた「ハイブリッドダウンジャケット」だ。(中略)時代に右往左往しないLifeWearを目指して。ほかにはフリースなども作られたが、今コレクションはメンズウェアだけでなく、ウィメンズ、キッズラインも誕生した。

 引用:ユニクロ | LifeWear magazine | UNIQLO & White Mountaineering

 

リリース確実なアイテムのうち一つは「ハイブリッドダウンジャケット」です。UNIQLOが誇る冬の定番アイテム「ハイブリッドダウンジャケット」に相沢氏が考えるエッセンスが加わると想像すると胸が躍りますね。このジャケットに関しては先行して

ユニクロ |ライフウェアマガジン

に掲載してありますので是非ご覧ください。恐らく今回のコレクションの中核を成すアイテムになっていくことでしょう。

その他、フリースアイテムのリリースも確実なようですね。

 

長年、海外を含めてデザイナーをやってきて、様々な人と出会い、考え方を経験し、現在大学で教える立場になってからは世代を超えて洋服と向き合うようになりました。そのため、メンズだけでなく、ウィメンズ、キッズと世界観を作っていきたいと考え、“家族”というテーマも大切にしました。

 引用:ユニクロ | LifeWear magazine | UNIQLO & White Mountaineering

 

 また、ウィメンズ、キッズラインもリリースすることで家族の繋がりや人と人との融和といった面も強調したい構えが伺えます。女性も必見のコレクションになることでしょう。

 

ユニクロ&ホワイトマウンテニアリングに期待しかない

ソース画像を表示

出典:uniqlo ホワイトマウンテニアリング - Bing images

 

UNIQLOにとって、国内デザイナーとのタッグは久々のことです。

ユニクロはクリストフ・ルメールやジル・サンダー、JWアンダーソンといった海外デザイナー、

 

ymfresearch.info

ymfresearch.info

ymfresearch.info

 

GUはミハラヤスヒロやアンダーカバーといった国内ブランド(デザイナー)といった感じで棲み分けしていた印象ですが、

 

ymfresearch.info

ymfresearch.info

 

 

それはGUが国内向けのマーケティングに注力し、ユニクロは視点が海外に向かっているからであると認識しています。

ホワイトマウンテニアリングとのコラボをリリースすることになっても、その方向性は変わっていないことでしょう。ホワイトマウンテニアリングは国内ブランドというよりは海外に照準を合わせた性格が強いからです。思えば一昨年あたりのエンジニアガーメンツとのコラボに関してもそうでした。エンジニアドガーメンツはデザイナーと出自は日本ですが拠点はニューヨークで全てメイドインニューヨークに拘ったブランドでした。

UNIQLO&ホワイトマウンテニアリングのラインナップはやがてオンライン上で明かされていくものだと思います。今のところ、情報を楽しみに待ちたい段階ですね。UNIQLOの逆風に対する対抗策となり得るのか、昨年の+Jのようなお祭り騒ぎになるのか。行方を見守りましょう。

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければバナークリックをお願いいたします、励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

是非ブックマークやコメントで皆さんのご感想などお聞かせください!

 

 

 

 

 

follow us in feedly